今年最も売れた“本”は村上春樹『1Q84』


買おうかどうか迷って立ち読みで10ページぐらい読んだが、読んでみたら買う気をなくした。

隣に並んでいた海辺のカフカの方が断然上手くてキレイな文体で、まともな文芸だった。

海辺のカフカの美しさに比べると、1Q84はなんかラリってる人の妄想みたいで、確かにどちらも春樹くささ満点の文章なのだが、表現技法だけ同じで、中身は別人が書いているのではないかというぐらい、違うものに思えた。

1Q84は文学ではない、別の何かなんじゃないかという気がする。
文学として楽しむのではなく、研究資料として読み込むと、ひとつの文化のムーブメントとして興味深いかも知れない。

【オリコン】今年最も売れた“本”は村上春樹『1Q84』、2冠達成